嘯き少女の御宿MENUCGDOUJINCOMICSOFTOWNERBBSGAMELINK
--- ただのアリエルの日記 ---
1月9日

1999/1/1〜1999/1/8 来客数 約1173
(Counter74838-73655-MaterCheck10)
執事Jiiya お嬢様、アヒルとか言う方から年賀状が
来ております。如何致しましょうか?
Ariel わぁー、ちゃんと年越しできたみたいね。
ビンボなの分かってるからムリして50円はたいて
返事なんて書いてくれなくてもよかったのに..
なんてね、ホントは期待してたんだ..えへへ
(読み終えて)
Jiiya 如何致しましたか、お嬢様?
Ariel ねぇ、爺..。私もう一度アルバイトに出たいんだけど、
爺はどう思う?あのアヒル、一人にしておくの心配なの。
Jiiya あのような不良小動物とのお付き合いは
あまり感心しません...。
学業の方に専念されることをアリエル様の
お父様も望まれていると思います。
Ariel 父さんのことは言わないでっ!! 私を一人にして、
今日だってどこにいるのかさえわかんないんだからっ!!
Ariel 私、決めました。もう一度、アヒルさんの御宿で
働くことにします。
Jiiya そんなっ、今のお嬢様はお父様への当てつけに
アルバイトをされているようにしか思えません。
もしバイトされるとしても、もう少し気品の保てる
上品な職場を選ばれた方がよろいしかと...
Ariel とにかく、お金を都合して下さい。とりあえず
100万円くらい必要です。
父さんには内緒でお願いしますよ。
Jiiya そっ、そんな..。アルバイトを始めるのに
お金が必要なんて聞いたことがございません。
Ariel 爺が用意してくれないなら、私が直接都合を付けます。
Jiiya お待ち下さいっ!お嬢様。
Ariel (スタスタ...、パタン)
Jiiya お嬢様......
どうしてこんな事に..

戻る